かめざわクリニックイメージ

最近、ぎっくり腰になり、しばらく動けず、数日間仕事を休んでしまいました。治療法とともに、予防法はありますか?

腰痛は、ヘルニアなどの脊椎性疾患が原因になりますが、多くの場合、背部~腰部の筋肉の緊張により起こります。

激しい運動をしたり、重いものを持ったり、また、座って仕事や勉強をするだけでも、筋肉の緊張は高まります。

緊張が限界になった時に、ぎっくり腰が発生します。

この筋肉の緊張を弛めることができれば、腰痛は予防できます。

ストレッチやヨガなどのゆっくりとした有酸素運動や水泳は、効果的です。

しかし、異常に高まった緊張はこれらの運動では、なかなか取れません。

ペインクリニックでは、硬膜外ブロックなどの神経ブロックで、交感神経を休め、筋肉の緊張を弛めます。

硬膜外ブロックは、ぎっくり腰の他に、腰椎ヘルニアや帯状疱疹後神経痛、閉塞性動脈硬化症などの腰部・下肢の痛みに有効です。

しかし、症状がひどくなってから受診するのではなく、ストレッチなどをしても、腰痛が取れないようなら、早めの受診をお勧めします。

インターネット予約システム

インターネット予約システムQRコード

QRコードを読み取るとインターネット予約システムをご利用いただけます。

  • ペインクリニック
  • にんにく注射
  • 予防接種
  • キッズランド
  • 病後児保育室
  • メルマガ配信
  • スタッフ募集

ページの先頭へ戻る