かめざわクリニックイメージ

インフルエンザの治療方法が増えてきましたが、どのような方法があるのですか?

インフルエンザの治療薬には、タミフル等の内服薬、リレンザ等の吸入薬があります。

タミフルは異常行動が問題になったため、10歳代には服用が禁止されています。

そのため、10歳代には、吸入薬を処方することが多いです。

しかし、抗インフルエンザ薬の服用に関わらず10%程度の方に異常行動がみられるので、

罹患後2日間の見守りをお勧めします。また、最近は点滴薬も開発されております。

いずれの治療薬においても解熱しても5日間の自宅療養が必要です。

感染拡大を防ぐためにも、ぜひお守りください。

インターネット予約システム

インターネット予約システムQRコード

QRコードを読み取るとインターネット予約システムをご利用いただけます。

  • ペインクリニック
  • にんにく注射
  • 予防接種
  • キッズランド
  • 病後児保育室
  • メルマガ配信
  • スタッフ募集

ページの先頭へ戻る