かめざわクリニックイメージ

ペインクリニック

「ペイン」とは英語で「痛み、苦痛」を意味します。ペインクリニックとは痛みを治療する診療科です。

私たちはペインクリニックを「痛みの診療所」と呼んでいます。

ペインクリニックの対象疾患は、頭痛、肩凝り、腰痛、各種の神経痛など数多くあります。

帯状疱疹神経痛など、ペインクリニックでしか治療できない疾患も多いのです。

ペインクリニックでは、神経ブロック療法を中心に治療を進めていきます。

神経に注射することにより、痛みを遮断し、血行を良くすることで病気を治していきます。

痛みがあるところは疼痛反応のため、交感神経が興奮して血流が悪くなり、痛みを増強させます。

これを『痛みの悪循環』と呼んでいます。

神経ブロックは、疼痛神経と交感神経を同時に遮断して『痛みの悪循環』を断ち切り、痛みを軽減させていきます。

このように神経ブロックは血行を改善するため、虚血性疾患にも適応となります。

例えば糖尿病が進行すると血管が詰まって起こる糖尿病性網膜症や、痛みのため歩行困難となる閉塞性動脈硬化症にも有効です。

ストレスが原因とされているメニエール病、突発性難聴、顔面神経麻痺などにもこの治療は適応できます。その他、花粉症をはじめとするアレルギー疾患にも治療成績を上げています。これらの疾患に対しては、星状神経節ブロックが施行されます。

星状神経節ブロックは、脳内血流を増加させるために、これらの病気を治していくのです。

ストレスは脳の視聴下部や下垂体系に悪影響を与えます。これらの悪影響により、自律神経系、免疫系やホルモン系に乱れが生じるのです。

星状神経節ブロックをすることにより、血流を増やして、状態を改善していきます。

ペインクリニックは痛みだけでなく、様々な病気に効果を発揮します。

お気軽にご相談ください。

対象となる疾患 頭痛、顔面痛、肩こり、五十肩、腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、リウマチ、神経痛、坐骨神経痛、肋間神経痛、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、腱鞘炎
痛み以外の
対象疾患
アレルギー性鼻炎(花粉症)、アトピー性皮膚炎、自律神経失調症、四肢血行障害、耳鳴り・めまい(メニエール病)、突発性難聴、目の疲れ、糖尿病性網膜症、閉塞性動脈硬化症、月経困難症

神経ブロック療法

仮

当クリニックは専門治療の一環としてペインクリニック ~痛みの診療~ を行っております。

様々な痛みを対象としているため、治療法も多岐にわたります。その治療方法の主なものとして神経ブロック療法があります。

ご存知のように神経は体中に網の目のように張巡らされています。その中には筋肉を支配している(運動神経)、痛みを伝える神経(痛覚神経)、血管を支配する神経(交感神経)、内臓やホルモンを支配している神経(自律神経)などがあります。

ペインクリニックにおける神経ブロック療法の対象になるのは痛覚神経、交感神経、自律神経です。痛みが慢性的に続くと『痛みの悪循環』が形成されます。

図1をご覧ください。

痛む部位より発痛物質が出され、脊髄神経に痛みとして認識されます。

すると脊髄神経は血管を支配している交感神経を興奮させて血管を収縮させます。

血管が収縮すると、血流が悪くなるため、痛みが増悪し、発痛物質が多く分泌されます。これが、『痛みの悪循環』なのです。

痛みが長く続くと自律神経にも悪影響を及ぼし、身体の変調を訴えるようになります。

神経ブロック療法は、この『痛みの悪循環』を改善します。

図2をご覧ください。

神経ブロックは、痛みを遮断すると同時に交感神経をブロックします。そのため、痛みの信号が脊髄神経に伝わないばかりか、血管が拡張して、発痛物質の分泌を押さえ、『痛みの悪循環』を改善し、変調を来たした自律神経を整えます。

つまり、神経ブロック療法は単に痛みを止めるだけでなく、血行を改善することにより、身体本来が持っている自然治癒力を高め、痛みばかりか痛みをもたらす原因までも回復させるのです。

※心筋梗塞、脳梗塞などで抗凝固剤や抗血小板剤を服用の方は、神経ブロック療法を受けられない場合があります。

星状神経節ブロック

仮

ペインクリニックでは様々な痛みを扱います。それぞれの症状に最適な神経ブロックを施行します。

その数は60種類以上にもなります。その数ある神経ブロックの中で、今日もっとも多く行われているのが星状神経節ブロックです。

星状神経節ブロックは、当初は頭痛や顔面神経麻痺などの治療に施行していきました。しかし星状神経節ブロックで数々の病気が治ることがわかってきました。

少し大げさですが、200以上の病気が治ると言われています。

星状神経節ブロックが有効な病気として、先述の他に、花粉症、アトピー性皮膚炎、自律神経失調症、突発性難聴、肩こり、上肢の血行障害、メニエール病、帯状疱疹後神経痛、生理痛などがあります。

ではなぜこのようにたくさんの病気に有効なのでしょうか。

神経ブロックはその支配神経領域の血行を改善します。血液は酸素といろいろな栄養素を運んできます。細胞組織の虚血状態を解消することで様々な病気を治すのです。

星状神経節ブロックは肩と上肢のほか、頭部の血行つまり、脳の血行を改善します。

脳はご存知のように自律神経系、免疫系、ホルモン系を支配しています。これらはストレスによりバランスを崩してしまいます。

星状神経節ブロックは、このバランスを崩した脳細胞の状態を修復するのです。

合併症として眼が重くなったり声がかすれたりする場合があります。しかし、これらの症状は30~60分以内に消失します。また注射の跡が内出血したりします。

その他に極稀ではありますが、頚部血腫を引き起こします。これは特に心筋梗塞や脳梗塞の治療や予防のために、血液の流れをよくする抗凝固剤や抗血小板剤などを服用していると発生しやすいため、これらの薬を服用していると神経ブロックはできませんので、事前に相談してください。

硬膜外ブロック

硬膜外ブロックはペインクリニックでの治療の中心となるブロックのひとつです。

硬膜外ブロックは硬膜外腔という脊髄神経の外にある空間に局所麻酔薬を注入し、脊髄神経から出てくる痛みを支配する神経や血行を支配する神経を一時的に休ませて痛みをとり、血行を改善して病気を治す治療法です。

脊髄神経は頚部から足先まで支配しているため、頭部を除く全身の痛みによく効きます。

たとえば、肩こりや、ギックリ腰・椎間板ヘルニアなどの腰痛症、膝・足の痛みなどに対しては非常に有効です。

その他、帯状疱疹後神経痛、反射性交感神経萎縮症などの交感神経を介する疾患にも有効です。

局所麻酔薬の濃度を濃くすることにより、手術の麻酔に、また、術後鎮痛にも使用されます。

硬膜外麻酔は多くの病院にて行われていますが、普通の全身麻酔に比べて手技が複雑であること。また、麻酔を専門とする医師である麻酔科医が少ないこともあり、まだまだ一般的でないのが実状です。

硬膜外ブロックは使用する針が極めて細いため、より技術を必要とする治療法です。

合併症としては低血圧症、硬膜穿刺、硬膜外血腫などがあります。

硬膜外ブロックは血行をよくするため、一時的に血圧が下がります。しかし、その状態は数十分間で治まります。

当クリニックではその監視のため30~50分間ベット上で安静にし、血圧測定を行います。

硬膜外腔は数ミリ程度の厚さしかないため、硬膜穿刺の可能性があります。

確率はある調査では0.64%。当クリニックにおいては、もっと少ないと考えております。

極稀ではありますが、硬膜外血腫を引き起こします。これは特に心筋梗塞や脳梗塞の治療や予防のために、血液の流れをよくする抗凝固剤や抗血小板剤などを服用していると発生しやすいため、これらの薬を服用していると神経ブロックはできませんので、事前にご相談ください。

インターネット予約システム

インターネット予約システムQRコード

QRコードを読み取るとインターネット予約システムをご利用いただけます。

  • ペインクリニック
  • にんにく注射
  • 予防接種
  • キッズランド
  • 病後児保育室
  • メルマガ配信
  • スタッフ募集

携帯電話用Webサイト

フィーチャーフォンQRコード

QRコードを読み取ると携帯(フィーチャーフォン)サイトをご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る